独学で声優は可能?その危険性とは

こんにちは!今日は、「独学で声優になれるのか」というテーマですね。

 

結論を言うと、独学で声優になることは...大変ですが可能です!

 

 

では、一体どうすれば独学で声優を目指せるのでしょうか?

独学で声優を目指すためには、次の3点が大切です。

 

 

1:効率的な練習をする

 

声優の練習というとひたすらアニメのセリフのモノマネをし続ける人がいます。

確かに、モノマネは良い練習の手本です。しかし、ただがむしゃらにモノマネをし続けることはかえって危険な行為でもあります。

 

なぜ危険かというと、自分自身が本当にモノマネできているかがわからないからです。モノマネと言いつつ、アニメのセリフをなぞっているだけかもしれません。間違った練習の仕方で変な癖がついてしまうと危険です。

 

これのひとまずの回避法として、必ず、アプリでもなんでもいいのでレコーディングを行いプロの演技とどこが違うのかを日々研究してください。発音・ニュアンス単位で細かく課題を見つけてください。

きっと経験者でも部分的に足りない課題が見つかるはずですし、独学で練習してきた人はどこから手をつけていいかわからないほど課題が出てくると思います。

 

1つ課題を見つけたらその課題をこなしていく。その繰り返しです。例えばさ行の滑舌が悪ければ「さ行 滑舌」で調べるとたくさんサイトが出てきます。その中から一番良さそうなものを選んで練習する。それを繰り返せば自ずと成長していくはずです。

 

 

2:自身の強みを見つける

 

「プロの声優になるためには何が必要だと思いますか?」と声優志望者に問うと、必ず「演技力」であったり、「レパートリーの多さ」という回答が来ます。私から言わせれば演技力があるのもレパートリーが多いのもプロを目指すなら当たり前の話なのです。演技力があってレパートリーが多い声優さんは世の中を探せばいくらでもいます。そのような声優さんたちでも食べていけるのはほんの一握りなのです。

 

演技力があってレパートリーも多い声優さんがなぜ活躍できないかわかりますか。その答えは、その声優さんを使う理由がないからです。演技力があってレパートリーも多い声優はたくさんいる、これこそが原因そのものなのです。

 

もう少しわかりやすく説明します。あなたがもしラーメンを食べたいとしたら何屋さんに行きますか?

まさか焼肉屋のシメに出てくるラーメンを目当てに食べに行かないと思います。普通にラーメン屋さんに行きますよね。(例外はあるかもしれませんが...)

 

餅は餅屋と言われるように、ラーメンが食べたければラーメン屋に行きます。演技力がある声優を使いたければ、演技力で有名な声優を使うのです。あなたは演技力で勝負しようという何万人もの声優さんたちを差し置いてトップになれますか?

 

もちろん「演技力」を軽視しているわけではありません。冒頭でも話した通り、仕事に使えるレベルの演技力は求められるのです。では、それを踏まえた上でどうやって他の声優を差し置いてトップに躍り出るかというと、「新たな強み」を見つけることです。

 

右の所属声優ブログの欄を見てください。かなり個性的ですよね。

園田まいはラーメン関係にかなり詳しく、高遠めぐみに至っては日本一馬に詳しい声優だと思います。

もし、あなたがラーメンアニメのキャスティングを任されたら誰を選びますか。もし競馬のアニメのキャスティングを任されたら誰を選びますか。予備知識が全くない声優さんより、その分野に詳しい声優さんの方がリアルな演技をしてくれることは間違いないでしょう。

 

その点で、演技力やレパートリー以外に新たな強みを作る必要があるわけです。

 

 

3:自分を知ってもらう

 

演技力もそこそこ上達しました、強みも見つけました。さて、次はどうする?

次は自分の存在を知ってもらわなければいけません。勝手に知名度が上がって勝手に売れるなんてそのような虫のいい話はないのです。

 

自分のことを知ってもらうためには、ホームページやブログなど形にのこるものでの発信をしましょう。生放送などはあまり良くないように思えます。しかし、それだけでは全然足りません。

いまでは技術が発達し、オンライン上で仕事の発注が行われるようになりましたが、本当に大事な仕事は信頼関係の中で生まれます。

 

考えてもみてください。人生がかかった大仕事に見ず知らずの人をいきなり使いますか?

私なら怖くてそんな賭けはできません。技術よりもその人個人の信頼で一緒に仕事をする人を選びます。

信頼を構築するには一日二日では無理です。まずはどれだけ小さな仕事でもそこで120%のパフォーマンスを発揮する必要があります。それが信頼につながるのです。

 

そもそもの最初の仕事をもらうためにはどうすればいいかというところですが、

検索すればオーディションもありますし、アニメ関係だけでなくてアプリなどの声のオーディションがあったりもします。そこに応募する、もしくはオフラインでアニメ関連を制作する人が集まる場に行って名刺を配ってきてください。オーディションと違ってそこでは対面で会話ができるので、信頼の構築にもつながります。

 

 

◼︎独学の危険性について

 

上記3つができれば独学でも声優になることは不可能ではございません。しかし、独学で声優を目指すにはそれなりのリスクも伴います。

 

1つは、間違った練習法を続けてしまうことです。インターネットに載っている間違った練習法を続けることで変な癖がついてしまい、その癖が抜けなくなると後から矯正するのはとても大変です。全てが間違った情報ではありませんが、文字だけで解釈すると認識違いで結果的に間違った練習をする危険性があります。

 

もう1つは、プロの目線で客観的に自分の声を聞くことができないことです。声優を目指している人はあくまで声優志望者です。自分ではうまく演技できたなと思ってもプロからしたらまだまだということが多々あります。自分では気付かない隠れた癖などもあったりします。

 

プロはもともとプロではなく、彼らも初めは初心者でした(あたりまえですが...)

初心者から誰かに指導されて、もしくは独学で研究してプロに育ったわけです。ということは彼らもプロと初心者の違いを熟知しています。どのポイントができていないかを一瞬で見抜くことができますし、それに対する練習もしてきたわけですから指導が可能なわけです。

 

独学は確かに専門学校や養成所に比べて安上がりではありますが、変な癖がついて取り返しのつかないことになることを考えればそれなりのリスクもあるのではないかと思います。なるべく指導者に見てもらえる環境をオススメします。

 

 

Future eggsでは水曜日コースは独学で声優になり専門学校でも指導経験がある川妻先生が指導、

日曜日コースは株式会社メディアバルーンなどとタイアップしてキャスティングや制作指導を行う吉良先生が指導してくれます。自宅での練習法やキャスティング、制作側の意見を近くで聞けるのもFuture eggsのメリットになります。

 

私は独学で声優を目指す!という方もぜひ無料の体験レッスンにご参加していただいて、自宅での練習法などを学んでみてください。自宅での練習効率が格段にアップするかと思います。